催し情報

 
企画展

企画展

終了 押し葉標本30万点記念特別企画「標本展」

 

日時

11月10日(土)~平成31年1月14日(月・祝)

場所

展示館 企画展示室・植物画ギャラリー

主催

高知県立牧野植物園

企画・運営

公益財団法人高知県牧野記念財団

展示協力

植物調査ボランティア、土佐植物研究会、松田日那

内容

総合植物園を目指し牧野植物園がリニューアルした平成11年、標本庫は整備されました。標本庫に収蔵される植物標本が、平成30年の今年、ついに30万点に達します。これらの標本は、植物調査ボランティアや職員の研究活動によって、高知県をはじめ国内外で採集された標本で学術的価値がある貴重な資料です。本展では、その役割や活用などをわかりやすくご紹介します。

見どころ・1
液浸標本

いろいろな標本
押して乾燥させた標本はもちろん、立体的な形をした果実標本や柔らかい構造を保つためにつくられる液浸標本など、植物の形態や研究目的に応じたさまざまな植物標本を展示します。

見どころ・2
見どころ・2

博士の採集した標本
牧野博士は、日本に生育するすべての植物を明らかにすることを目標に、生涯をかけて約40万点の標本を収集しました。その中から牧野植物園標本庫が所蔵する標本を公開。あわせて牧野博士が描いた植物図も展示します。「牧野式植物図」と標本を比較してみましょう。

見どころ・3

みんなで集めた標本
数多くの標本を収集できたのは、まさに植物調査ボランティアの力!
ボランティアの皆さんが採集した標本を、思い出やエピソードとともに展示します。

見どころ・4
見どころ・4

標本貼付デモンストレーション
採集した植物は台紙に貼られ、標本庫に保存されます。標本を台紙に貼るために考案された貼付器と特殊なテープを使って、標本が台紙に貼付される工程を実演します。(会期中毎日10:00~15:30)

体験しよう!

植物を分類してみよう
植物分類研究の一端に触れてみませんか?
8種類の植物から1つ選んで、植物の名前を“検索表”を使って調べてみよう!

サイド
イベント

★追加開催!「標本展ギャラリートーク」
標本庫を管理する職員が、皆さんを標本の世界へとエスコートします。 標本展の見どころ紹介や体験コーナーのご案内など、標本展をより楽しんいただくためのギャラリートークです。

標本庫ガイドツアー
平成31年1月12日(土)、13日(日)
  • 11:00~、14:00~
  • 所要時間30分程度
  • 参加費無料(入園料必要)
  • 各回定員20名(先着順)
  • 申込不要。直接展示館 企画展示室ロビーにお集まりください。

記念出版物
押し葉標本をつくろう!ガイドブック(無料配布)

押し葉標本をつくろう!ガイドブック(無料配布)
会場では、押し葉標本をつくるための植物の採集方法や採集道具、植物の押し方などをわかりやすくまとめた冊子を配布します。

標本展チラシ表

標本展チラシ裏
PDFチラシはこちら(5.3MB)


牧野博士が描いたタチドコロを展示します。
植物図と標本を比べてみてください。

   
 
植物教室 イベント・展覧会 企画展