催し情報

 
企画展

企画展

牧野植物園巡回展
「すみれ・たんぽぽ展 in 四国森林管理局」

 

日時

1月16日(月)~3月26日(日)

2月26日(日)からは一部展示替えをして、四国森林管理局恒例の「ひな祭り展示」とのコラボ展となります。

場所

林野庁 四国森林管理局1F 森林ふれあい館

〒780-8528 高知市丸の内1-3-30
電話:088-821-2160(平日のみ)
HP:www.rinya.maff.go.jp/shikoku/

休館日 毎週土曜日、2月24日(金)
入館料 無料
主催 高知県立牧野植物園・林野庁四国森林管理局
協力 アルパインツアー株式会社ネイチャリングツアー事業部、高知県タンポポ調査実行委員会、高知県調査ボランティア、公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会、タンポポ調査・西日本実行委員会、川村恒介、栗原妙子、坂本彰、都築雍子、中平勝也、萩野善久、林鈴以、別府隆守、細川公子、松田日那、宮本恵子、村山陽子、森田竜義、山岡重隆、山本大祐、依光忠宏、和食敦子
内容

高知県立牧野植物園と林野庁四国森林局は、平成15年に研究協力協定を締結し、森林の保全・環境教育などの活動を行っています。

本展示は、平成28年2月20日~5月29日まで県立牧野植物園で開催した好評の企画展です。このたび県内初の巡回展を行います。植物園が研究活動の一つとしてボランティアと協働した「スミレ調査」及び「タンポポ調査」の成果を、広く県民へ発信する試みです。春の訪れにさきがけて咲く身近な植物であるスミレとタンポポを題材に、花のつくりや生態などを写真やイラストで分かりやすく伝え、スタンプラリーなどを通して、植物に親しむきっかけの場としていただきたいと思います。

みどころ 高知県内の各市町村に生育するスミレ・タンポポが一目でわかる分布立体地図や調査ボランティアによって収集された「タンポポ調査」の調査封筒の山が展示されます。また、タンポポ調査の結果から分かった、高知県の在来タンポポと外来タンポポの分布の割合を、「タンポポ地図」を使って紹介します。
巡廻展 すみれ・たんぽぽ展
PDFチラシはこちら(1.2MB)
昨年当園で開催した時のようす
 
植物教室 イベント・展覧会 企画展