教育普及活動

 
展示

展示

牧野富太郎記念館・展示館では、常設展示と企画展示を行っています。
常設展示は「牧野富太郎の生涯」のコーナーと「植物の世界」のコーナーの大きく2つがあります。「牧野富太郎の生涯」のコーナーでは牧野富太郎博士の人物や業績を植物図や遺品など貴重な資料で紹介しています。また、「植物の世界」のコーナーでは、植物の進化や形態の多様性、生活史などをパネル、写真、模型やゲームなどで紹介しています。
企画展示は年に数回、各種のテーマで開催しています。「人と植物の共生」をキーワードとして、広く一般社会に植物と人間との関わりの大切さを伝え、多種多様な植物の世界や植物と人との繋がりなどを正確な資料と情報に基づいた科学的、文化的な展示によって紹介することで、県民の植物に対する知識及び教養の向上に資することを目的としています。また、当園収蔵資料や研究活動の一般社会への公開・還元を展示を通して行います。期間や内容についてはご確認ください。
展示館の場所はこちら
 

常設展示

「牧野富太郎の生涯」では日本の植物分類学の父、牧野富太郎の生涯とその業績を、植物図や著書、観察会の記録や写真などで紹介しています。また牧野富太郎の植物知識の礎となった本草学(古代中国に端を発する植物を中心とした医学)や江戸時代の園芸書を紹介するコーナーもあります。
「植物の世界」では、花のつくりや送粉・受粉のしくみ、光合成、種子散布や顕微鏡での観察などを楽しみながら学ぶことができます。
土佐漆喰や高知県産の木材、また県内で活躍している家具・工芸作家の作品をあしらった落ち着いたしつらえのなか、ゆっくりとご鑑賞ください。
  常設展示
 
牧野富太郎の生涯   博士の書斎「繇條書屋」
  牧野富太郎の生涯
牧野博士の94年にわたる生涯を、故郷の佐川で過ごした少年期、上京間もない青年期、東京帝国理科大学助手時代の壮年期、東京都練馬区で過ごした老年期の4つに分けて紹介しています。牧野博士が実際に使用した採集道具や研究道具、ノート、日記などの遺品類はもとより、直筆の書や植物図、牧野博士蒐集の蔵書や写真など多数展示しています。また、牧野博士の書斎「繇條書屋(ようじょうしょおく)」を再現したコーナーや、からくり人形など見所満載です。
 
植物の世界
光合成を視覚で観察することができるアクアリウムの水草。花の基本構造を理解するための花模型は、雌しべや雄しべ、花弁といったパーツに分かれ、花の構造を組みたてながら構造を学ぶことができます。ヒメイカリソウと花を訪れるマルハナバチとの関係を示す模型は、植物と送粉昆虫の関係を紹介しています。簡単な操作でミクロの世界がのぞける顕微鏡コーナーもあり、植物の営みを楽しみながら学べるスペースです。陸上植物の進化を紹介するパネルや植物化石のコーナーも人気です。絵本のコーナーでは、小さなお子様と一緒にゆっくり過ごすことができます。
 
植物の世界   ヒメイカリソウと花を訪れるマルハナバチとの関係を示す模型
 

企画展示

植物と人間との関わりの重要性を伝え、多種多様な植物の世界や植物と人との繋がりなどを学術的に裏づけられた正確な資料と情報に基づいた科学的、文化的な展示によって紹介します。
人と植物のつながりに重点を置いて植物を紹介する「植物からの贈りもの」シリーズでは、これまでスパイスや漢方、茶や酒などを取り上げ、その利用の歴史や民俗、種類などを紹介しました。また当園の研究活動の経過と展望を示す研究活動展を開催。企画展を通じて植物の持つ力と、それを利用する人間の英知を紹介しています。
また、当園牧野文庫所蔵の牧野富太郎自筆の植物図や、その他ボタニカルアートを紹介する植物画展なども開催。植物の魅力をさまざまな切り口で一般社会へ発信しています。
企画展は期間を設定して開催しますので、内容や日時はお問い合わせください。
平成27年度企画展はこちら
これまでの企画展はこちらから
 
 

これまでの企画展

恐竜時代の植物たち ドクター・マキノと行く太古の森の植物採集!   [2015年8月1日~2016年1月11日]
牧野植物図の継承者たちⅡ「太田洋愛ボタニカルアート展」   [2015年4月25日~6月28日]
天然ゴムのできるまで   [2014年10月11日~2015年2月8日]
牧野植物園が育む生き物-生物多様性を支える植物たち-   [2014年4月26日~8月31日]
世界の三大穀物~イネ・ムギ・トウモロコシ~   [2013年10月5日~2014年2月2日]
牧野植物図の継承者たちⅠ「川崎哲也 桜図譜展」   [2013年3月23日~2013年6月9日]
牧野富太郎 生誕150年記念展「植物学者・牧野富太郎の足跡と今」[東京展]   [2012年12月22日~2013年3月17日]
牧野植物園の研究活動~海外活動を中心に   [2012年10月5日~12月26日]
牧野富太郎 生誕150年記念展「植物学者・牧野富太郎の足跡と今」[高知展]   [2012年6月16日~9月23日]
植物画教室「草花を描く」作品展   [2012年4月28日~5月6日]
植物を知ろう!   [2011年7月16日~2012年4月8日]
野並允温水彩画展   [2011年3月19日~5月29日]
樹と言葉 展   [2010年10月23日~2011年2月13日]
牧野植物園 研究活動展-植物研究がもたらす豊かな暮らし   [2010年3月20日~9月5日]
帰化植物画展   [2009年10月3日~2010年1月11日]
写真で綴る牧野植物園ウェディング   [2009年8月1日~31日]
セツローさんの草花スケッチ   [2009年6月6日~28日]
酒と植物-草木からできる魅惑の飲みもの-   [2008年12月6日~2009年5月10日]
江戸時代の植物画展   [2008年9月20日~10月26日]
百花繚乱~描かれた花々~   [2008年8月2日~9月7日]
日本の花~世界を魅了した伝統園芸~   [2008年4月1日~6月30日]
牧野植物園50年のあゆみ展   [2008年4月1日~6月30日]
セツローさんの野の花スケッチ展   [2008年1月2日~27日]
ボタニカル・ルーム   [2007年8月4日~9月2日]
秦泉寺由子 in Kochi 特別展 キルトの世界-植物の神彩   [2007年6月1日~7月1日]
春の植物画展   [2007年4月1日~5月6日]
牧野富太郎の植物画の世界-画家の手、学者の眼-   [2007年1月18日~3月18日]
植物化石展~化石でたどる植物の進化   [2006年8月15日~11月30日]
滅びゆく野生生物展~「高知県希少野生動植物保護条例」施行記念特別展   [2006年7月1日~7月31日]
牧野富太郎標本展-牧野式標本の魅力   [2006年1月18日~29日]
茶の話   [2005年11月3日~2006年5月31日]
関根雲停植物画展-鮮やかに浮かび上がる植物たち-   [2005年6月4日~9月30日]
漢方(KAMPO)-現代に伝わる中国の知恵   [2004年10月10日~2005年5月8日]
日本の絶滅危惧植物   [2004年7月18日~8月29日]
ボタニカルアートの先駆者~晃嶺の百花譜~五百城文哉の植物画展   [2004年4月25日~6月27日]
山本眞壽染織作品展   [2004年2月8日~4月14日]
世界のスパイス展   [2003年10月12日~2004年1月18日]
牧野富太郎植物画展2003~画法の影響と継承~   [2003年8月30日~9月28日]
合田紀代 花 水彩画展~花々と草々の記憶   [2003年3月2日~8月24日]
シンガポール植物園展   [2002年9月15日~2003年2月2日]
書籍の博覧を要す~牧野富太郎蔵書の世界   [2002年4月19日~8月25日]
牧野植物園展~植物園活動と展望   [2002年2月8日~4月7日]
ラオス染色展~植物の色彩~   [2001年12月21日~2002年1月27日]
不思議な果実展   [2001年10月5日~12月9日]
こども牧野富太郎展   [2001年8月15日~9月24日]
岡田憲佳・万葉の花写真展   [2001年6月22日~7月29日]
テキサス植物研究所コレクション展   [2001年3月20日~5月20日]
牧野富太郎植物画展   [2000年10月1日~2001年1月18日]
食虫植物展   [2000年8月1日~8月13日]
高知から消えた植物 消えそな植物・高知県絶滅危惧植物展   [2000年6月17日~9月3日]
日本のくみひもとアンデスのくみひも展   [2000年5月23日~6月4日]
牧野富太郎記念館建築展   [2000年3月18日~5月14日]
牧野富太郎とマキシモヴィッチ   [1999年11月2日~12月19日,2000年1月2日~3月12日]
開催中の企画展ページはこちら
 
植物教室 学習プログラム 教室、講座、催し物