施設概要

 
概要・園長ご挨拶

概要・園長ご挨拶

概要

人と自然の関係を大切にした安らぎと憩いの空間
高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958(昭和33)年4月に高知市の五台山に開園。起伏を活かした約6haの園地には、博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が四季を彩り、自然の中で植物に出会う喜びを感じていただけます。収集植物の多くは採集地が明らかで、観賞や観察の対象のみならず「生きた標本」として植物研究に重要な情報をもたらしています。
1999(平成11)年には、園地面積を拡張し、植物に関する教育普及と研究の拠点となる「牧野富太郎記念館」を新設。園長に米国ニューヨーク植物園のアジア部長を務め、少年期から牧野博士の直弟子であった植物学者小山鐵夫博士を迎え、世界に認知される植物園を目指した国際的な活動を開始しました。研究活動では、2003(平成15)年に文部科学省の研究機関指定を受け、ミャンマー政府やソロモン諸島国、タイや中国の植物園などとの研究協力関係を樹立し、独自の海外学術調査を展開するほか、資源植物の探査研究の取り組みを活発に行っています。
さらに2008(平成20)年、南園に東洋の園芸植物を観賞いただける「50周年記念庭園」が誕生。2010(平成22)年には、温室がリニューアルしました。植物園の役割である保存・研究・教育普及・憩いの場のすべてを備えた総合植物園として歩み続けています。
  人と自然の関係を大切にした安らぎと憩いの空間
 

ご挨拶

 高知県立牧野植物園は、昭和33年(1958年)の開園以来60年近い歴史を持ち、 特に平成11年(1999年)にリニューアルされて以後、小山鐵夫前園長(現名誉園長)のもとで、 我が国有数の総合植物園として発展してまいりました。ミャンマー、ソロモン諸島などでの未利用資源植物の探索研究をはじめ、 和漢薬用植物の高知県下での栽培生産に向けた研究、高知県内の希少植物の保全のための研究など、 様々な研究を活発に行っております。展示館では牧野博士の業績をしのぶとともに植物学の基礎知識を わかりやすく学んでいただくための常設展示に加えて、毎年1~2回は特定のテーマのもとに企画展を行っております。
 また、様々な植物教室を開催するなど、植物とその利用に関しての学習の場としての活動にも力を入れております。
 正門に入っていただいてすぐの「土佐の植物生態園」、南園の50周年記念庭園や温室、北園の薬用植物区などで 四季折々の植物を楽しんでいただけるよう、園地を整備しておりますし、また、年に数回のフラワーショーを開催し、 鑑賞と憩いのゾーンの充実に努めていることは言うまでもありません。
 植物に関する研究と学びの場、植物とともに過ごす憩いの場として牧野植物園のますますの発展のために努めてまいりますので、 皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
  高知県立牧野植物園 園長 水上 元
公益財団法人高知県牧野記念財団 理事長
高知県立牧野植物園 園長
薬学博士 水上 元
 
園地 牧野富太郎記念館 園内マップ