催し情報

 
植物教室

植物教室

       

1月開催

1月10日(水)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
12月6日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
1月10日(水)・28日(日)
植物教室 「ふれあい植物観察会」
講師 牧野植物園職員
時間 各日13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各日30名(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み 直接、アトリエ実習室にお越しください。
内容 牧野植物園では、牧野富太郎博士ゆかりの植物や野生の植物を中心に、約3,000種類の植物が四季折々を彩っています。「ふれあい植物観察会」は、その時期に見頃を迎える植物を観察しながら解説員とともに園内を歩き、植物にふれあう機会を持っていただける観察会です。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
服装 園内を歩きますので、身軽な服装、運動靴、帽子着用でお越しください。
1月28日(日)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
12月6日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
 

2月開催

2月14日(水)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
1月3日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
2月14日(水)・25日(日)
植物教室 「ふれあい植物観察会」
講師 牧野植物園職員
時間 各日13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各日30名(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み 直接、アトリエ実習室にお越しください。
内容 牧野植物園では、牧野富太郎博士ゆかりの植物や野生の植物を中心に、約3,000種類の植物が四季折々を彩っています。「ふれあい植物観察会」は、その時期に見頃を迎える植物を観察しながら解説員とともに園内を歩き、植物にふれあう機会を持っていただける観察会です。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
服装 園内を歩きますので、身軽な服装、運動靴、帽子着用でお越しください。
2月18日(日)
アロマテラピー教室 「スコットランド風 冬の食卓~シソ科の香る植物」
講師 瀬尾 真生
(公益社団法人日本アロマ環境協会インストラクター)
時間 10:00~13:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 2,100円(入園料別途必要)
申し込み
1月3日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
内容 暮らしに密着した植物の活用術のひとつ「アロマテラピー」。牧野植物園のアロマテラピー教室では、より実用的で本格的な植物テラピーを学ぶことができます。
香りで冬の心身を温める、ハイランド地方の家庭料理を紹介します。
□メニュー(予定): 煮込みハンバーグ ウイスキーソース(ウイスキーはアルコール分を飛ばします)、ベイクドビーンズ ヒソップ&バジル風味、雑穀パンのハーブバター添え、ラズベリーとオーツのクラナッハン ミント風味、メリッサティ
持ってくる物 エプロン、ハンドタオル
2月24日(土)
ミャンマー展関連講座 「ミャンマーの食べ物学」
講師 藤川和美(牧野植物園 研究員)
時間 11:30~13:00
場所 展示館 カフェアルブル
定員 30名(先着受付順)
参加費 1,500円(ミャンマーランチ含む・入園料別途必要)
申し込み
1月3日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
定員に達したためキャンセル待ちとなります。
内容
ミャンマー料理を味わいながら、ミャンマーの植物と食文化について研究員がお話します。
共催:アルブル

メニュー:ミャンマーカレー、季節のサラダ、ココナッツケーキ、コーヒーor紅茶

※参加者にはシャンバックをプレゼント

→企画展 ミャンマー大紀行の詳細はこちら
2月24日(土)
植物写真家・いがりまさし 植物写真フィールドセミナー①
講師 いがりまさし
時間 10:00~12:00
集合場所 本館 映像ホール
定員 20名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月6日(火)9:00~
内容 スマートフォン・コンパクトデジカメでの撮影者向け

『日本のスミレ』、『日本の野菊』(山と渓谷社)などの植物図鑑の著者、またNHK「趣味の園芸」の出演者としても知られる植物写真家のいがりまさし氏を講師にお迎えして、実践的な撮影方法を学ぶ講座です。天気が良い日は被写体の見つけ方や構図を園地でレクチャーします。また今回は、皆さんが撮影した写真へのアドバイスの時間を設けます。プロの写真家から具体的なアドバイスをいただけるチャンスです。いずれの回も初心者大歓迎です!ぜひご参加ください。
持ってくる物 ご自身で使う撮影道具。また、今まで撮影された写真(JPGデータ)をSDカードなどのメモリに入れてご持参ください(アドバイス希望者のみ)。
2月24日(土)
植物写真家・いがりまさし 植物写真フィールドセミナー②
講師 いがりまさし
時間 13:30~15:30
集合場所 本館 映像ホール
定員 20名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月6日(火)9:00~
内容 スマートフォン・コンパクトデジカメでの撮影者向け

『日本のスミレ』、『日本の野菊』(山と渓谷社)などの植物図鑑の著者、またNHK「趣味の園芸」の出演者としても知られる植物写真家のいがりまさし氏を講師にお迎えして、実践的な撮影方法を学ぶ講座です。天気が良い日は被写体の見つけ方や構図を園地でレクチャーします。また今回は、皆さんが撮影した写真へのアドバイスの時間を設けます。プロの写真家から具体的なアドバイスをいただけるチャンスです。いずれの回も初心者大歓迎です!ぜひご参加ください。
持ってくる物 ご自身で使う撮影道具。また、今まで撮影された写真(JPGデータ)をSDカードなどのメモリに入れてご持参ください(アドバイス希望者のみ)。
2月25日(日)
植物写真家・いがりまさし 植物写真フィールドセミナー③
講師 いがりまさし
時間 10:00~15:00
集合場所 本館 映像ホール
定員 20名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月6日(火)9:00~
内容 デジタル一眼レフカメラでの撮影者向け
(午前は撮影講習、午後は写真アドバイス。12:00~13:30は昼休憩)

『日本のスミレ』、『日本の野菊』(山と渓谷社)などの植物図鑑の著者、またNHK「趣味の園芸」の出演者としても知られる植物写真家のいがりまさし氏を講師にお迎えして、実践的な撮影方法を学ぶ講座です。天気が良い日は被写体の見つけ方や構図を園地でレクチャーします。また今回は、皆さんが撮影した写真へのアドバイスの時間を設けます。プロの写真家から具体的なアドバイスをいただけるチャンスです。いずれの回も初心者大歓迎です!ぜひご参加ください。
持ってくる物 ご自身で使う撮影道具。また、今まで撮影された写真(JPGデータ)をSDカードなどのメモリに入れてご持参ください(アドバイス希望者のみ)。
2月25日(日)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
1月3日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
 

3月開催

3月3日(土)
ラン展関連教室「香りのあるランを育てよう!オンシジウム・トゥインクルの育て方教室」(午前の部)
講師 牧野植物園職員
時間 9:30~11:00(14:00開始分と同じ内容です)
場所 本館 映像ホール
定員 60名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月3日(土)9:00~
内容 温室がなくても簡単に栽培できる、香りのあるランの栽培方法をお教えします。参加された方には、展示で使用した甘い香りのオンシジウム・トゥインクルを1株プレゼントします!展示をご覧になった後は、ラン栽培にもチャレンジしてみませんか?
→ラン展の詳細はこちら
3月3日(土)
ラン展関連教室「香りのあるランを育てよう!オンシジウム・トゥインクルの育て方教室」(午後の部)
講師 牧野植物園職員
時間 14:00~15:30(9:30開始分と同じ内容です)
場所 本館 映像ホール
定員 60名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月3日(土)9:00~
内容 温室がなくても簡単に栽培できる、香りのあるランの栽培方法をお教えします。参加された方には、展示で使用した甘い香りのオンシジウム・トゥインクルを1株プレゼントします!展示をご覧になった後は、ラン栽培にもチャレンジしてみませんか?
→ラン展の詳細はこちら
3月4日(日)
アロマテラピー教室 「春の香草 英国&高知~スミレとアグリモニーの化粧水&乳液づくり」
講師 瀬尾 真生
(公益社団法人日本アロマ環境協会インストラクター)
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 2,100円(入園料別途必要)
申し込み
2月7日(水)9:00~
内容 暮らしに密着した植物の活用術のひとつ「アロマテラピー」。牧野植物園のアロマテラピー教室では、より実用的で本格的な植物テラピーを学ぶことができます。
英国と高知、それぞれの土地で古くから親しまれてきた、スミレやセイヨウオオバコ、アグリモニー(セイヨウキンミズヒキ)などの物語と活用術を紹介します。あわせて、英国中世のレシピを高地風にアレンジしたコスメづくりに挑戦してみましょう。英国焼き菓子のティータイムもご用意しています。
3月14日(水)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月7日(水)9:00~
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
3月14日(水)・25日(日)
植物教室 「ふれあい植物観察会」
講師 牧野植物園職員
時間 各日13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各日30名(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み 直接、アトリエ実習室にお越しください。
内容 牧野植物園では、牧野富太郎博士ゆかりの植物や野生の植物を中心に、約3,000種類の植物が四季折々を彩っています。「ふれあい植物観察会」は、その時期に見頃を迎える植物を観察しながら解説員とともに園内を歩き、植物にふれあう機会を持っていただける観察会です。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
服装 園内を歩きますので、身軽な服装、運動靴、帽子着用でお越しください。
3月18日(日)
育てて楽しむ草花教室(子ども・初心者向け栽培教室) 「花とハーブのおいしい寄せ植え」
講師 瀬尾 真生
(公益社団法人日本アロマ環境協会インストラクター)
時間 14:00~16:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 3歳以上~一般 20名(先着受付順)
※小学生以下は保護者の同伴が必要。同伴は1名まで。
参加費 500円(入園料別途必要)
申し込み
2月7日(水)9:00~
内容 子ども〜大人を対象とした、初心者向けの栽培教室です。
イギリスのガーデニングの考え方を取り入れ、食卓で楽しめるエディブルフラワーやハーブの寄せ植えをつくってみませんか?ルッコラや、ボリジ、ナスタチウムなど数種類のハーブを盛り込んで、素敵な一鉢を完成させましょう。植物の育て方のコツはもちろん、おいしい食べ方も紹介します。教室の最後には、ハーブの香りただようティータイムをご用意しています。
※使用する植物の種類変更する場合があります。
※実習で使用した植物はお持ち帰りいただけます。
持ってくる物 必要な方は、エプロンと作業用手袋。
3月25日(日)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月7日(水)9:00~
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
3月31日(土)
水上園長と歩く! 園内薬草観察ツアー
講師
水上元園長
水上 元(牧野植物園 園長)

→プロフィールはこちら
時間 13:30~14:15(45分程度)
定員 20名程度(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
受付 10分前から展示館カフェ前にて受付。
内容

開催日が3月24日から3月31日に変更になりました。

牧野植物園の薬用植物区には、来園者の皆さまに薬用植物に親しんでいただけるよう、ドクダミなどの身近にみられるものから漢方薬原料として重要なシャクヤクやミシマサイコなど高知県の気候にあった約150種の薬用植物が植えられています。このツアーでは、園内で見られる薬用植物を観察し、その薬効や使い方などについて、薬用植物学が専門の水上元園長がご案内しながら、それにまつわる知られざるエピソードなどを披露します。園長と気軽に園内散策を楽しんで、薬草について学んでみませんか?
園内の薬草
写真左から:サンシュユ、カギカズラ、シャクヤク、タチバナ
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
教育普及活動の概要はこちら

植物教室の申し込み方法・申し込み先

申し込みは、FAXまたは当ページのご希望の教室の 申し込みフォームへ からお願いいたします。また、当園の入園窓口でも直接お申し込みいただけます。

申込開始日の午前9時から先着順に受け付けます。日程、内容は変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
教育普及課 Fax 088-882-8635
※電話での受付はしておりませんので、あらかじめご了承ください
 

お問い合せ

お問い合せはメールで受け付けております。
※メールをクリックしてください。
 

 

 
イベント・展示会 企画展 年間カレンダー