催し情報

 
植物教室

植物教室

       

3月開催

3月8日(水)・25日(土)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月1日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
25日の教室は、定員まで残りわずかです。
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。
詳細はこちら
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
3月8日(水)・25日(土)
植物教室 「ふれあい植物観察会」
講師 牧野植物園職員
時間 13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
※25日(土)の集合場所は本館 ウッドデッキに変更になりました。
定員 各30名(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み 直接、アトリエ実習室にお越しください。
内容 牧野植物園では、牧野富太郎博士ゆかりの植物や野生の植物を中心に、約3,000種類の植物が四季折々を彩っています。「ふれあい植物観察会」は、その時期に見ごろを迎える植物を観察しながら講師とともに園内を歩き、植物にふれあう機会を持っていただける観察会です。
詳細はこちら
服装 園内を歩きますので、身軽な服装、運動靴、帽子着用でお越しください。
3月18日(土)
水上園長と歩く!「園内薬草観察ツアー」
講師
水上元園長
水上 元(牧野植物園 園長)

→プロフィールはこちら
時間 ①10:30~11:15
②13:30~14:15  各回45分程度
定員 20名程度(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
受付 各回、10分前から展示館カフェ前にて受付。
※集合場所は本館 ウッドデッキに変更になりました。
内容 このツアーでは、園内で見られる薬用植物を観察し、その薬効や使い方などについて、薬用植物学が専門の水上 元(みずかみ はじめ)園長がご案内しながら、薬草を実際に観察し、それにまつわる知られざるエピソードなどを披露します。園長と気軽に園内散策を楽しんで、薬草について学んでみませんか?
詳細はこちら
園内の薬草
写真左から:サンシュユ、カギカズラ、シャクヤク、タチバナ
その他 この催しは園長の急な公務などで止むを得ず中止あるいは延期になる場合があります。あらかじめご了承ください。
3月18日(土)
初心者でも簡単!デンドロビウムの育て方教室
講師 牧野植物園職員
時間 9:30~(14:00開始分と同じ内容です)
場所 本館 映像ホール
定員 60名
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月8日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
定員に達したためキャンセル待ちとなります。
内容

初心者でも育てやすいランを育ててみませんか?
デンドロビウム・ノビレなど、デンドロビウムの園芸品種の詳しい栽培方法や、美しい花を咲かせるためのコツを伝授します。ラン展会場を彩ったデンドロビウム一鉢をお持ち帰りいただけます。

持ってくる物 デンドロビウム(直径約20cmの鉢物)を持ち帰るための袋
3月18日(土)
初心者でも簡単!デンドロビウムの育て方教室
講師 牧野植物園職員
時間 14:00~(9:30開始分と同じ内容です)
場所 本館 映像ホール
定員 60名
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
2月8日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
定員まで残りわずかです。
内容

初心者でも育てやすいランを育ててみませんか?
デンドロビウム・ノビレなど、デンドロビウムの園芸品種の詳しい栽培方法や、美しい花を咲かせるためのコツを伝授します。ラン展会場を彩ったデンドロビウム一鉢をお持ち帰りいただけます。

持ってくる物 デンドロビウム(直径約20cmの鉢物)を持ち帰るための袋
3月19日(日)
アロマテラピー教室 「春の香草で化粧水&乳液づくり〜桜エキスとセイヨウタンポポ」
講師 瀬尾 真生
(公益社団法人日本アロマ環境協会インストラクター)
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 2,100円(入園料別途必要)
申し込み
2月1日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
定員に達したためキャンセル待ちとなります。
内容 暮らしに密着した植物の活用術のひとつ「アロマテラピー」。牧野植物園のアロマテラピー教室では、より実用的で本格的な植物テラピーを学ぶことができます。
イギリスと高知、それぞれの土地で古くから親しまれてきた、春のバラ科植物やハコベ、オオバコ、タンポポなどの活用方法を紹介します。イギリス中世のレシピを高知風にアレンジしたコスメづくりの後は、ハーブティーと英国焼き菓子でお茶の時間をお楽しみいただけます。
詳細はこちら
3月26日(日)
育てて楽しむ草花教室(子ども・初心者向け栽培教室) 「お弁当においしい!花とハーブの寄せ植え」
講師 瀬尾 真生
(公益社団法人日本アロマ環境協会インストラクター)
時間 14:00~16:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 3歳以上~一般 20名(先着受付順)
※小学生以下は保護者の同伴が必要。同伴は1名まで。
参加費 500円(入園料別途必要)
申し込み
2月1日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
定員に達したため、キャンセル待ちとなります。
内容 子ども〜大人を対象とした、初心者向けの栽培教室です。
お弁当や毎日の食卓で楽しめるエディブルフラワーやハーブの寄せ植えを、イギリスのガーデニングを参考につくってみませんか?ルッコラ、ワイルドストロベリー、ボリジやナスタチウムなど、数種類の中から好きなものを盛り込んで、あなただけの一鉢が完成です。植物の育て方のコツはもちろん、おいしい食べ方も紹介します。教室の最後には、ハーブの香りただようティータイムも。
※使用する植物の種類は変更する場合があります。
※実習で使用した植物はお持ち帰りいただけます。
持ってくる物 必要な方は、エプロンと作業用手袋。
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
 

4月開催

4月1日(土)~4日(火)
第42回 「合田紀代 花 水彩画教室」
講師 水彩画家 合田紀代
時間 各日9:30~16:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 一般30名(先着順)
参加費 ・画材購入費及び受講料1回4日分
  一般参加者:25,000円/友の会会員:24,000円
・以前の教室に参加し画材をお持ちの方:5,000円
※一日のみの参加も可能です。ただし、受講料は4日分いただきます。
(入園料別途必要)
参加費の詳細はこちら
申し込み
3月1日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
(3月17日(金)17:00〆切)
定員に達したため申し込みの受け付けを終了しました。
内容 合田紀代氏愛用の画材と同じものを使い、透明感のある独特の水彩画技法を習得します。プロの画家の直接の指導を受けられる貴重な機会です。
持ってくる物 描く花、小さめの花瓶2コ、定規(30cm)、カッター、ティッシュ
4月12日(水)・23日(日)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 各日10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各日30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
3月1日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
4月12日(水)・23日(日)
植物教室 「ふれあい植物観察会」
講師 牧野植物園職員
時間 各日13:30~15:30
場所 12日(水)/本館 アトリエ実習室
23日(日)/本館 ウッドデッキ
定員 各日30名(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み 直接、12日(水)は本館 アトリエ実習室、23日(日)は本館 ウッドデッキにお越しください。
内容 牧野植物園では、牧野富太郎博士ゆかりの植物や野生の植物を中心に、約3,000種類の植物が四季折々を彩っています。「ふれあい植物観察会」は、その時期に見頃を迎える植物を観察しながら解説員とともに園内を歩き、植物にふれあう機会を持っていただける観察会です。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
服装 園内を歩きますので、身軽な服装、運動靴、帽子着用でお越しください。
4月16日(日)
えびね展関連教室 エビネ栽培教室
講師 四国えびね会高知県支部会員
時間 13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着順)
※申し込み不要。直接会場にお集まりください。
参加費 無料(入園料必要)
内容 四国えびね会会員による、エビネ教室を開催。専門家ならではの知識をわかりやすく解説します。
参加者には、エビネ1鉢を差しあげます。
4月15日(土)・16日(日)に開催のえびね展の関連教室です。
4月22日(土)
子ども自然体験教室 「自分でお茶をつくって飲もう~春の新茶」
講師 奴田原藻子(自然体験活動(CONE)指導員)
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室・園地
定員 10組(子どもと保護者)
※3歳以上対象 先着順
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
3月1日(水)9:00~ 申し込みフォームへ
定員に達したためキャンセル待ちとなります。
内容 牧野植物園内にある茶畑で「チャノキ(茶の木)」の若芽を摘んで、手もみ茶をつくります。摘んだ茶葉をフライパンで炒って手もみをし、自分たちでつくるお茶の味を通して、植物の恵みを五感で感じてみよう!
●お茶菓子として、米粉クレープをつくり召し上がっていただきます。
材料:米粉、サラダ油、白砂糖、いちご、ダイコンの花、茶葉
※本教室では上記の食材を使って調理実習を行います。アレルギーの心配のある方は十分にお気をつけてください。
服装 身軽に行動でき、汚れてもよい服装(帽子、靴、ズボン、小雨の場合は雨具)でお越しください。
※危険ですのでサンダルでの参加はご遠慮ください。
持ってくる物 できた茶葉を持って帰るための容器(紙の空き箱など)、エプロン・三角巾
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
 

5月開催

5月7日(日)
アロマテラピー教室 「キッチンハーブの寄せ植え~シェイクスピアの庭から」
講師 瀬尾 真生
(公益社団法人日本アロマ環境協会インストラクター)
時間 10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着受付順)
参加費 2,100円(入園料別途必要)
申し込み
4月5日(水)9:00~  
内容 暮らしに密着した植物の活用術のひとつ「アロマテラピー」。牧野植物園のアロマテラピー教室では、より実用的で本格的な植物テラピーを学ぶことができます。
『ハムレット』や『夏の夜の夢』など、英国中世のシェイクスピアの物語にはスイカズラなど甘い香りのハーブがたくさん登場します。英国の暮らしとハーブのかかわりを学び、実際に中世英国で愛されたハーブを育ててみませんか?土づくりから利用方法まで分かりやすく紹介します。
持ってくる物 直径23cmの鉢が入る袋、エプロン、軍手
5月10日(水)・28日(日)
植物教室 「草花を描く」
講師 牧野植物園職員
時間 各日10:00~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各日30名(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み
4月5日(水)9:00~  
内容 草花について知る近道は、その草花を描くことです。じっくりと観察し、葉の形や花の様子など、植物の形態やその意味を考えながら描いてみましょう。この教室では、牧野植物園の講師とともに園内を歩き、その時期に見られる草花を、えんぴつを使って描きます。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
持ってくる物 えんぴつ2本(Hと2B、1本ずつ)※2Bは先のとがっていないもの。
5月10日(水)・28日(日)
植物教室 「ふれあい植物観察会」
講師 牧野植物園職員
時間 各日13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 各日30名(当日先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
申し込み 直接、アトリエ実習室にお越しください。
内容 牧野植物園では、牧野富太郎博士ゆかりの植物や野生の植物を中心に、約3,000種類の植物が四季折々を彩っています。「ふれあい植物観察会」は、その時期に見頃を迎える植物を観察しながら解説員とともに園内を歩き、植物にふれあう機会を持っていただける観察会です。

※開催日が、毎月
第2水曜日と第4土曜日から、
第2水曜日と第4日曜日へと変わりました。
服装 園内を歩きますので、身軽な服装、運動靴、帽子着用でお越しください。
5月13日(土)
押花教室 「初夏の草花を楽しもう!」
講師 押花ボランティア(美色・押花 縁の会)
時間 10:30~12:00
場所 本館 アトリエ実習室
定員 20名(先着受付順)
参加費 押花コースターとランチョンマット/800円
押花木製マグネット(2個)/600円
押花キーホルダーかストラップ/各600円
※別途入園料必要
申し込み
4月5日(水)9:00~  
内容 植物を使ったものづくりを通して、植物をもっと身近に感じてみませんか?その季節の草花を自由にあしらって、素材の色彩を生かした作品づくりがお楽しみいただけます。
この教室では、花そのものの色彩を、独自の方法で残した押花を使用します。
5月20日(土)
水上園長と歩く! 園内薬草観察ツアー
講師
水上元園長
水上 元(牧野植物園 園長)

→プロフィールはこちら
時間 13:30~14:15(45分程度)
定員 20名程度(先着受付順)
参加費 無料(入園料必要)
受付 10分前から展示館カフェ前にて受付。
内容 牧野植物園の薬用植物区には、来園者の皆さまに薬用植物に親しんでいただけるよう、ドクダミなどの身近にみられるものから漢方薬原料として重要なシャクヤクやミシマサイコなど高知県の気候にあった約150種の薬用植物が植えられています。このツアーでは、園内で見られる薬用植物を観察し、その薬効や使い方などについて、薬用植物学が専門の水上元園長がご案内しながら、それにまつわる知られざるエピソードなどを披露します。園長と気軽に園内散策を楽しんで、薬草について学んでみませんか?

園内の薬草
写真左から:サンシュユ、カギカズラ、シャクヤク、タチバナ
5月21日(日)
ヤマアジサイ展関連教室 ヤマアジサイ栽培教室
講師 高知あじさい愛好会会員
時間 13:30~15:30
場所 本館 アトリエ実習室
定員 30名(先着順)
※申し込み不要。直接会場にお集まりください。
参加費 無料(入園料必要)
内容 高知あじさい愛好会会員による、ヤマアジサイの栽培教室を開催します。この機会に管理の方法や栽培のコツを学んでみませんか?
参加者には、ヤマアジサイ1鉢を差しあげます。

5月20日(土)・21日(日)に開催のヤマアジサイ展の関連教室です。
年間カレンダーに戻る
ページのトップへ
教育普及活動の概要はこちら

植物教室の申し込み方法・申し込み先

申し込みは、FAXまたは当ページの「申し込みフォーム 申し込みフォームへ 」からお願いいたします。また、当園の入園窓口でも直接お申し込みいただけます。

申込開始日の午前9時から先着順に受け付けます。日程、内容は変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
教育普及課 Fax 088-882-8635
※電話での受付はしておりませんので、あらかじめご了承ください
 

お問い合せ

お問い合せはメールで受け付けております。
※メールをクリックしてください。
 

 

 
イベント・展示会 企画展 年間カレンダー