催し情報

イベント・展示会 年間カレンダー 企画展 植物教室

イベント・展示会

予告 植物と虫の不思議な関係
食虫植物とアリ植物展

 

日時 7月22日(土)~8月31日(木)9:00~17:00
場所 南園 温室
主催 高知県立牧野植物園
企画・運営 公益財団法人 高知県牧野記念財団
内容

虫を栄養源として生育する食虫植物と、アリに棲み家を与え、虫や動物から身を守ってもらうアリ植物を集め、これらの植物の生態をお子さまにも分かりやすく紹介します。

食虫植物の世界

栄養の少ない環境で生きるために色々なワナを仕掛けて虫を捕え、栄養を補給する食虫植物。虫を挟み込んで捕まえるハエトリグサ、虫を穴に落として捕まえるウツボカズラやサラセニア、粘着テープのように虫をくっつけて捕まえるモウセンゴケの仲間など、さまざまな食虫植物を一堂に集め、その生態と多様性を紹介します。会期中には、食虫植物が虫を捕える瞬間を観察する体験もできます(日数限定・下記参照)。この夏は温室で、食虫植物のおもしろい生態を観察してみませんか?

アリ植物とアリの不思議な関係

熱帯雨林に数多く潜む凶暴な肉食のアリを自身の幹や枝に棲まわせることで、植物を食べる虫や動物から身を守り、他の植物との生存競争を有利にしているアリ植物。アリの食べ残しやフンを効率よく吸収しているディスキディアの仲間や、高木に着生し、ツボの形をした幹をもつアリノスダマなどを展示し、植物がアリを利用する様々な方法や、アリの棲み家となるように姿を変えたアリ植物の特徴的な形態を紹介します。

食虫植物のふしぎ体験コーナー

食虫植物の不思議な生態を間近で観察してみませんか?ハエトリグサに実際に虫を与え、葉が虫を捕まえた時、瞬時に葉を閉じる様子を観察できます。また、サラセニアの筒状の葉を破って、どれだけの虫が中に捕らえられているかを探ってみましょう。ぜひご家族皆さまでご参加ください。

  • 開 催 日:8月の土日のみ  ※8月19日(土)、20日(日)、会期中の祝日(8月11日)をのぞく
  • 時  間:15:00~(30分程度)
  • 場  所:南園 温室
  • 参加方法:予約不要(会場に直接お越しください)
 
食虫植物とアリ植物展
年間カレンダーに戻る
 
 
予告 オオオニバスにのろう!

 

日時 8月5日(土)、6日(日)
午前の部9:30~11:00、午後の部13:30~15:00
場所 南園 温室
※植物の生育状況により、会期や体重制限が変更となる場合があります。
主催 高知県立牧野植物園
企画・運営 公益財団法人 高知県牧野記念財団
対 象 体重15kg以下のお子様
参加方法 直接会場までお越し下さい。(参加料・予約不要。別途入園料必要)
オオオニバスに乗るお子様は、軽装でお越し下さい。
内容

世界最大級!大きな葉のオオオニバスにのってみよう

オオオニバスは、生長すると葉の直径が1mを超え、大きいものになると直径2mにもなる世界最大級の水生植物です。この夏は大きなオオオニバスにのって、大きな葉の浮力を体験してみませんか?ご家族の夏の思い出づくりにどうぞ。

葉の裏側はどうなっているのかな?

会期中はオオオニバスをはじめ、夜咲く花が人気のパラグアイオニバスを展示します。これら大型の水生植物の浮葉がどうして水に浮くのか、その仕組みを紹介します。
また、水の中で葉が浮いている様子を間近に観察できる「オオオニバスの窓」にもご注目ください!水槽の下にある観察スペースから天窓を見上げると、葉の裏側がご覧いただけます 。

 
食虫植物とアリ植物展
年間カレンダーに戻る